株式会社シブヤ防災
  消防設備工事 万が一の火災の際に、人命と財産を守るのが、各種の消防設備です。
火災の恐れがある工場の製造装置や実験装置などに自主的に設置する特殊な自動消火システム、消防法によって義務づけられている自動火災報知設備・誘導灯などの消防設備の設置を、 甲種消防設備士の有資格者が、施設に応じた施工を行います。
新規設置工事はもちろんのこと、老朽化した消火設備の交換・修理の際も遠慮なくご相談ください。
     
  消防設備点検・保守 消火器や自動火災報知器などの消防設備は、いつ火災が発生しても確実に動作するように、定期的に点検する必要があります。
消防設備が設置されている建物には、消防法により消防設備士などの有資格者による点検を年2回実施することが義務づけられており、点検結果を消防署へ年1回(または3年に1回)報告しなければなりません。
シブヤ防災では、点検完了後の消防設備点検結果報告書の作成や、修理・改修工事はもちろん、万が一の時のサポート体制も万全です。
     
  点検から報告まで 消防用設備等の設置が義務づけられている防火対策対象物の関係者(所有者・占有者・管理者など)には、所轄消防署への点検報告義務があります。
消防設備士または消防設備点検資格の有資格者が、 機器点検(6ヵ月に1回)と、総合点検(年に1回)の際に、それぞれ告示に定められた項目を点検する必要があります。
点検者が点検結果を報告書に記入し、消防用設備等点検結果報告書を作成、所轄の消防署に提出します。

[報告の期間]
1年に1回(特定防火対象物…物品販売店舗、ホテル、病院、飲食店など)
3年に1回(非特定防火対象物…工場、事務所、共同住宅など) 報告先 建物を管轄する消防署又は出張所の窓口 改修と整備 点検の結果、不良個所があった場合、すみやかに改修や整備を行わなければなりません。